金とその買取についての知識を得たい方へ

金とはどのようなものか?

金買取の利用時には金の性質や種類を理解する

近年では貴金属を取り扱う実店舗だけでなく、インターネット上の買取業者が金買取を行っている事例も増加しており、適正な価格で取引する為には専門的な知識を予め身につけておく事が求められてきます。 基本的に金買取は金の種類や純度といった要素に応じてある程度の相場が決まってくるものであり、最終的には査定によって金製品の状態を診断し、取引価格を決定する流れとなります。

金は金属の中でも酸や腐食に強い部類である為、工業用及び電子部品のメッキ用途として用いられる他、伸びやすい性質を利用して金箔や糸状に加工する使い方が可能とされています。 しかしその一方で装飾品として使用する場合は柔らかい性質が逆に欠点となる可能性が考えられ、製品の形状を維持する目的で他の金属を混ぜた合金として加工する例も少なくはありません。

金買取の業界においては純金以外にも幅広い種類の金合金が普及している傾向にある為、合金ごとの特徴を理解して取引する事がポイントになります。 一般的に合金は混ぜ合わせる金属に応じて色の変化が見られるなどの違いが生じる結果となり、金買取においては色ごとの分類も行われています。 例えば純金に対して銀や銅・パラジウムなどを混ぜ合わせた場合にはイエローゴールドやピンクゴールドといった種類に分類され、プラチナに似た色の金合金としてはホワイトゴールドが代表的です。 イエローゴールドは金色もしくは黄色の合金であり、純金に近い発色である事から様々な装飾品へ用いられています。 また、ピンクゴールドは比較的女性への人気が高く、業者によっては通常より高額な買取が見込める可能性もあります。 このような合金は硬度を維持するのに有効な手段ですが、年数の経過に伴って混ぜ合わせた金属が劣化し、変色を起こしてしまう場合もある点に注意が必要です。

金買取における買取価格は合金としての色や製品の状態も重要ですが、純度と呼ばれる要素が深く関連しており、含まれる金の割合が高いほど基本価格が跳ね上がります。 最も高額な金は24金に該当する純金となっているものの、加工品としての形状維持が難しいなどの理由から、資産運用に適したインゴットやコインとして流通している割合が多い傾向にあります。 装飾品として用いる際には22金以下の合金が主流となっていて、純度が高いほど高額な値段で取引されますが、取り扱う場合においては純金に近いデリケートな性質も強くなってしまうデメリットを考慮しておく事が大切です。

金買取のゴールドファンでは金の査定はもちろん、出張買取も可能です

サイト項目

2016/05/23
金買取の利用時には金の性質や種類を理解する

2016/04/27
金買取の方法はそれぞれのメリットが存在し、人により利便性の高いサービスが違う

2016/03/15
長年の経験から自信を持っている金買取店の鑑定士なら、相場の限界の高値を付けれるメリットがある

2015/12/18
金買取の利用時には金の性質や種類を理解する

2015/10/23
金買取では店頭買取や宅配買取を選択することができる

2015/09/14
金買取店に純金のインゴッドを売るときのポイント

2015/09/11
金としての価値、品物としての価値を見極めたうえで金買取へ

2015/09/11
金としての価値、品物としての価値を見極めたうえで金買取へ

2015/09/11
金としての価値、品物としての価値を見極めたうえで金買取へ

2015/09/11
金買取に出した後は再加工でリサイクル

Copyright(C)2014 金とその買取についての知識を得たい方へ All Rights Reserved.