金とその買取についての知識を得たい方へ

金とはどのようなものか?

イエローゴールドの配合比率と金買取の関係について

一纏めに金といっても、市場に出回る装飾品には様々な色の金が存在します。 良く知られる金の色と多少異なる色のものであっても、金に変わりないため、金買取の対象範囲に入ります。

金買取を試みる場合には、金の相場を知る必要があります。 売却するタイミングによって、買取金額が大きく異なる可能性があるため、金の相場は金買取における一番のポイントとなります。

相場の次に重要なのが金の純度です。 同じ重さの品物であっても、金の比重が大きいもの程高値がつきます。 純金は金100%であるため評価が高くなります。 しかし市場に出回る金の全てが純金なのではありません。 金はあらゆる事情により様々な形に加工されています。

たとえば18金の装飾品もその一つです。 装飾品に18金が目立つのには理由があります。 装飾品であるからには、ある程度の強度が求められます。 しかし金はその柔らかさに特徴があるため、このままでは装飾品としての条件を満たすことができません。 そこで、他の素材と混ぜ合わせて強度を保つ工夫がされています。 また合金させる素材によって金は様々な色に変化します。たとえばイエローゴールドには、金の他に銀と銅が含まれています。 その配合比率は、金75%銀15%銅10%の割合となっています。 イエローゴールドを含む18金は、金以外の物質も取り込んでいます。 よって、金買取専門業者に依頼されると、金の比重に絞って買取を行われることになります。 売却時の金の相場に、品物に含まれる金の重量を掛け合わせて査定金額を算出します。 そうなると、金以外の銀や銅の価値はあまり評価されません。 また装飾品としての魅力も金額に反映されないことでしょう。

人気のブランド品を金買取に出す場合には、買取査定価格にご納得できないことがあるかもしれません。 ブランド品の場合には、素材以外にも様々な付加価値があります。 その付加価値をしっかりと査定金額に反映させる業者も中には存在します。 金の比重のみで買取金額を決定されたくないのであれば、その様な業者に絞ってご利用の検討を進められた方が良いでしょう。

ちなみに、金買取専門業者への査定依頼方法は大きく2通り存在します。 一つは店頭に出向いて依頼される方法です。 もう一つは宅配買取サービスをご利用になり査定してもらう方法です。買取サービスの利用者は、それぞれ異なる状況に置かれています。よって、ご自身により合う方法を選択して実行されるのが良いです。

Copyright(C)2014 金とその買取についての知識を得たい方へ All Rights Reserved.